日本人の心、伝えたい。
時代を超えて受け継がれてきたモノや文化は、
私たちの暮らしに潤いを与えてくれます。
黒紋付は、受け継いでいかなければならない伝統文化のひとつです。
ただ、モノとしての黒紋付ではなく、
黒紋付が本来持っている意味や、黒紋付を装うことの大切さを
モノづくりを通じて、伝えていけたらと考えております。
黒紋付は、多くの染織品がそうであるように、大勢の職人の手を経て
完成します。全ての職人の高い技術が揃って初めて一反の反物が出来上がります。
効率を何より追い求める傾向が強い現代社会において、
手仕事の集大成である黒紋付などの染織品の保存、継承は
簡単なことではありません。
しかし、染織品という枠を超え、日本の大切な通過儀礼や伝統文化、
ひいては、縁ある人を大事にする日本人の心を育み、伝え、継承していくことは
とても意義あることであり、それこそが私たちの使命ではないかと考えます。
人が未来に向かって、前向きに生きること。そんなポジティブな生き方は素晴らしいものです。
しかし同時に、このかけがえのない今を築いてくれた過去や先人の存在もまた
とても大事なものです。黒紋付、そして日本の通過儀礼や文化は、
過去に対する感謝と畏怖を表すものなのです。
過去に感謝し、未来を前向きに生きる。染織品のモノづくりを通して、
これからも日本文化を育み、継承していきます。
京正商店 代表取締役 藤村正和
社屋
会社概要 社名
株式会社京正商店
所在地 京都市下京区西洞院通仏光寺上ル
TEL075-343-0381
FAX075-361-0059
代表者
代表取締役 藤村和弘
業務内容 ブラックフォーマル(和装、洋装)の企画製造販売
関連会社 株式会社フジマサ
沿 革

昭和44年

京正商店創業

昭和49年

(株)京正商店設立

昭和60年

新社屋オープン