黒紋付
献歳菊

堆漆黒は、漆器の堆黒の技法を用いています。堆黒の歴史は古く唐の時代にさかのぼります。堆黒は、何度も黒の色を重ねて肉厚い漆器に仕上げていきます。その重厚な色彩の重みや、高級感は他に比類なきものです。漆器同様に何度も重ね合わせて染られた堆漆黒は、優れた色彩と伝統的な高級感をもっています。

 

kiji

 

浜ちりめん
五泉駒絽

 

kiji

堆漆黒は五度重ね染

従来の重ね染は、黒の薄い色から濃い色への変換ですが、堆漆黒は第三度染に藍ベースの黒を、弟四度染めには紅花ベースの黒というように、従来では出しえなかった厚く、濃い黒を出すことができました。